無料ブログはココログ

バナー

からだの事

骨盤を立てるとこんなに楽に?

私は元々姿勢が悪い。
でもこれがなかなか治らない。
分かっていても、座っているときや家ではついつい…coldsweats01

こんなピラティスインストラクターという仕事をさせていただいていて、気を付けてはいるものの、自分ではまだまだだなぁと思う。

しかし、最近。家での食事中や座っているときに、気にせずとも自然と骨盤が立って座れている。という状態にやっとなってきた。と、気づいたのは、ほんの数か月前。

私は背が高いのがコンプレックスなので、友人と並んだりするときは、気になって丸くなってしまうのだsad

そして、週末。かなり久しぶりにマラソンをした。
花粉も黄砂もマシになってきただろう、といことで少し走ってみた。

すると、久しぶりだったのにも限らず、とても楽に走れた。
そして、走っているときに「あっ、骨盤が立ってるsign01」という気持ちに初めてなれたsign03

いつも走るときは、内またになってないか、膝の向き、つまさきの向き、足首の使い方、地面の蹴り具合、手の振り、肩甲骨の動かし方などを意識している。
そんな時、いつも『骨盤を立てて走る。』というのが、どうもできていなくて、重心が下がっている気がしていた。

それが、今回は立ってるsign01と初めて思えた。
そして、久しぶりのランにも限らず楽に走れた。

前傾姿勢で走れて、どんどん前に進めた。
こんなに違うのか~と実感scissors

普段の姿勢が変わってきたからなんだろうなぁ~と、実感した瞬間でした。

人はいつまでも進化します。

変えようと思って行動すれば、時間がかかってもきっとsun

身体の動きは最後までコントロール

今週、レッスンで話したクラスもあるのですが…
むか~し、ネパールの山を4日間歩きに行きました。
私、一人旅が大好きなんですsign03宿は当日決める。いわゆるバックパッカーというやつです。

山へ行くというのも、ネパールへ行ってから決めました。
山賊が出るというので、ガイドを雇ってです。防寒具なども貸してくれました。
山奥に住んでいる人も多く、スニーカーなんて持ってる人はほとんどおらず、ビーチサンダルで歩く人もいるほど。「この靴で大丈夫ですか?」なんて、履いてるシューズを確認するのも無意味でした(笑)

山の中は、ヒルが多く、モタモタ歩いていると、すぐに足元に上ってくるのもあってsweat01そこそこ足にも自信があったので、ハイペースで歩いていました。1日6~10時間歩きます。

すると、3日目の夕方から、膝が痛くて、足が持ち上げられず、ちょっとした石もよけられないほどにbearing
次の日は下山だけだったので、なんとか降りていきましたが、あの時の痛さは忘れません。

振り返ると、身体のこと何も考えずに、ハイペースで歩き、下ろす足のコントロールもせず、ドンドン足に衝撃を与えた状態で歩いていたと思います。
それからも、山を何度も歩きに行っていますが、特に足を下ろす時のコントロールは常に気を配るようになり、今では無意識でも、負荷は最小限にしていると思います。

その後、マラソンを始めるようになり、最初のころは痛くなることもありましたが、走り方を研究し、変えたことで、痛みもなくなるようになりました。
そんなに長距離は走ってないのですがcoldsweats01

やっぱり、体幹を持ち上げ、足の動きをコントロールするsign03

寝てするエクササイズでも、最後まで足の動きをコントロールするように伝えています。
中には、床につく直前に体幹などがぬけてしまい、ドンと足が落ちてしまう方も多数います。
そういうところを、細かいですが、意識をして変えることで、身体の負担や、傷害は少なくなると思っています。
そして、そうすることでもっと楽に歩いたり、スポーツができるのではないかと思いますgood

長い文章最後まで読んでいただいてありがとうございます。

尿漏れから子宮脱!?

今日は、身体のことを書いてみようかと思います。
妊娠した時に、尿漏れ経験したことありませんか?
体験時アンケートでも、年齢に関係なく○をつけられる方います。
妊娠中ではなく、産後にという方もいました。

私自身もその一人coldsweats02
産後も続きました。くしゃみや咳…
産後の縄跳びやダンス中もジャンプをすると、「アッsweat01」となります。

2回の妊娠は、切迫早産だったので、動くことができず、何ケ月も安静状態で、もちろん運動はできず、筋力は衰えてくるばかりでした。
産後しばらくは、腹筋もできなかったのを覚えています。

そんなこんなで、内転筋も骨盤底筋も衰えまくって、二人目の出産直後には、なんと子宮脱になっていましたsad

これって、トイレへ行くと本当に膣から子宮がポコンと顔を出してるんです。
出産直後だったせいか、赤くてつるつるの直径10センチくらいありそうな球sign03
それ以来、トイレが怖かった~weep特に大の時は・・・

産婦人科の先生に、治る方法があるか聞いてみたんです。
「閉経したら、やばいよ!筋力鍛えようがないから、無理やねぇ~」という返事

それから、ピラティスに出会って、内転筋を意識するようになって、徐々に回復。
たまにトレーニング不足を感じると、不安な時もありますが、きちんと続けていれば大丈夫になってきました。
婦人科の先生は、無理だって言ってたけど、私はそうじゃないと思ってます。
治りますsign03マシにすることはできますsign03

閉経して、尿漏れがひどい人の話も聞いたことがありますが、気になってお出かけどころではなくなります。
せっかく子育ても終わって、これから自分の時間という時に、余計な心配はしたくないrock

あきらめてる人いませんか?
今からでも遅くないsign03
一緒にがんばりましょうgood

ご興味ある方は、まず体験からどうぞ~clover

<お問い合わせ>
  080-8306-6761(ヤマモト)
  (メール)raku-body@nifty.com

ピラティスは趣味?

違いますsign03

テニスやゴルフ、ダンスやバレーボールなど色々なスポーツの並びではないのです。
これらのスポーツを怪我なく楽しくやっていくためのものtennis
そのスポーツだけをするのでは、いずれ怪我をしてしまってもおかしくないsign01

バランス良く筋肉をつけ、関節の稼働域を広げ、体幹力を高めるup
そうすることで、怪我予防だけでなく、スポーツのパフォーマンスまでUPできることまちがいなしgood

筋肉は堅い方がいいsign03と思っている人が実際たくさんいるのですが…
良い筋肉は柔らかい方がBESTflag
新しいゴムのように弾力があり、普段は柔らかく、力を発揮ずるときに最大限使えます。

というわけで、実際スポーツをしている方は、たくさんいらっしゃいますよwink

そして、もちろんスポーツをしてない人にもgoodVery goodup
普段動かしていない筋肉や関節を動かすことで、血流の悪い、コリ固まった身体を改善することで、腰痛や肩こりだけでなく、便通がよくなったり、冷えなどからくるむくみや片頭痛などが解消されたりすることも珍しくありません。

老若男女問わず、リハビリにも使えるし、ピラティスって本当に素晴らしいshine

身体が堅くてもできますsign01
リズム感なくてもできますsign01
今まで運動を全くしたことがなくてもできますsign01

実際にこういう方もたくさんhappy02

さぁ、気になった方は是非お問い合わせください。
自分の身体の危機感を感じましょうthunder

Photo_7

写真は、初回レッスン時に書いてもらうアンケートです。
皆さん「キャーcoldsweats01ほとんど全部やぁ」と言いながら○つけされてます(笑)
身体のしんどい人多いんですねぇ。
ひとつでも○を減らしていきたいですねぇhappy02

<お問い合わせ>
  080-8306-6761(ヤマモト)
  (メール)raku-body@nifty.com

呼吸に感謝?

みなさんの、肩甲骨はよく動いていますか?
肩こりしていませんか?
呼吸は早くないですか?
呼吸が浅いな~と感じることはないですか?

肩こりがあったり、姿勢が悪く背中の筋肉が固まっていたりすると、どうしても肩甲骨の動きは悪くなります。

もちろん、肩こりや筋肉が固まっているということは、血流は悪くなっています。

肩甲骨と、鎖骨はつながっており、どちらかの動きが悪いと、もう一方の動きも悪くなってしまいます。鎖骨の動きが悪いと、呼吸は浅くなってしまいます。

呼吸は、体内にとって必要な酸素を摂取するためにしていて、必要量は決まっています。
呼吸が浅いと、一度に摂取できる酸素量も少なくなるため、呼吸の回数を増やすしかないのです。

呼吸の回数が増えるということは、身体への負担も大きいんですよ。

人が死ぬまでにする呼吸の回数は決まっているともいわれています。
ということは、呼吸が早い人は早死にするということです。

長い息(ゆっくりとした呼吸)=長生き  から来た言葉なんですねぇ~sign01

ピラティスのレッスンでは、呼吸を大切にしています。
ゆっくり呼吸することで、交感神経のバランスもよくなっていきます。

寝ているときも、休まずに呼吸している自分の身体に感謝して、一日に一回ゆっくり呼吸する習慣をつけてみませんか?

お家でもやってね!

毎週レッスンに来ていただいて、皆さん一生懸命やっていただいてますsign01

週1回でも身体がこんな風に変わったupwardright
と嬉しいご意見もたくさんきかせていただきます。

こちらがびっくりする、いえ何よりご本人がびっくりすることも多々あります(笑)

しかし、レッスンでやったことはやっぱりお家でやってねsign01

まずは1つでいいです。
ストレッチでも呼吸でも、姿勢を気を付けるなど何でもscissors簡単なことからでいいです。

そして、やるsign01するsign03という習慣を少しずつつけていく。

レッスンでやったときは、あんなにしんどかったのに、一人でやると楽ちん♪
なんてこと多々あります。
それでいいです!

そして、レッスンでまたやる。
すると、やっぱり効いてるupと感じる。
では、家でやるのとどう違うのかということに、気づく。

そう、気づくことが大切です。
家ですると、自分に甘くなります。
でも、それでもいいですscissors

とにかく続けましょう。
少しずつ身体は変わっていきます。
変わらなくても、身体の変化を敏感に感じれるようになり
早く対処することで、ひどくなる手前で痛みや不調をある程度コントロールすることができる日が近づいてくるかもしれませんhappy02

そして、ダイエットしたいと言う方は、必ずやっていきましょう。
甘えは禁物ng
すっきりしたお腹作りましょうrock

ご興味が出た方は、ぜひご連絡くださいloveletter

<お問い合わせ>
  080-8306-6761(ヤマモト)
  (メール)raku-body@nifty.com

背骨をやわらかく!

レッスンでは、背骨をやわらかくするエクササイズがたくさんでてきます。
体の中心である、背骨がガチガチだと、身体はうまくうごきません。

しなやかな身体を作れると楽になってきますよぉ~lovely

背骨をやわらかくできたら、骨盤も肩甲骨も、と体は少しずつ変化していきますsign01
すると、あらら不思議flair

身体の不調が少しずつ取れてきた~heart04
なんて、嬉しいことがあるかもsign02
いえ、きっとありますwink

Photo

ご興味が出た方は、ぜひご連絡くださいloveletter

<お問い合わせ>
  080-8306-6761(ヤマモト)
  (メール)raku-body@nifty.com

介護予防のためにも!

運動指導の講習会へ行ってきましたear
そこで、とあるお医者さまが予防医学についてお話されていました。

今まで、予防医学というものを医者側は積極的に行ってこなかった。
というのは、予防医学というものが進んでしまうと、患者が減り収入が減ってしまうからcoldsweats02
しかし、医療費はどんどん高くなり、高齢者も増え、そうも言ってられなくなってきた。

そうsign01そこでやっぱりピラティスだなrockって改めて思いました。
最近はお医者さんに勧められて来られる方もいらっしゃいます。
寝たきりになる前に、病院通いが増える前に、今からでも遅くないsign03

そして、今日はお客さまから
「今までどれだけ病院で治療費を支払ってきたんだろう!?
でも、昨年からピラティスを始めて、去年は病院へ3回。
そして、今年は一度も病院へ行ってないsign03」とのこと

これってすごくないですか??
出来たら、病院行きたくないですよね。
お話を聞いて、そのお手伝いをできてることがとっても嬉しく思いました。

これからは、もっともっと予防医学が進歩していくでしょうね。

ご興味持たれた方は、ぜひ始めてみませんか?happy01

みなさんの歩き方はどんなですか?

自分の歩き方は完璧sign01
なんて、思っている人は少ないと思います。
O脚が気になるという方が、多いのではないでしょうかsign02

太ももの外側の筋肉が張り、内ももがたるんでくる。
そうすると、骨盤底筋がゆるみ、くしゃみなどちょっとしたことで
尿が漏れたりなんて気になったことはないですか?

今はなくても、近い将来かもsign02

骨盤底筋は、内臓を支えているネット状の筋肉です。
ネットがたるんでくると、内臓もたれ下がってきますよsign03

靴底が外側ばかりすれてなくなるとか、片方だけすれるなどなど
そういう方も多いと思います。

ご自分の歩き方の癖を直しながら、ピラティスを行い
正しい動きを関節や筋肉に伝えていきます。
そして、正しい姿勢で歩き、美しく見えるnote
不調も改善していき、健康になっていくdiamond

まぁ、ピラティスっていいことだらけ~up

ご興味ある方は、是非体験レッスンにお越しくださいheart04

080-8306-6761
(メール)raku-body@nifty.com へお気軽にどうぞloveletter

ピラティスを生活の一部にしていけるお手伝いをしておりますpaper

骨盤の重要性

皆さんの骨盤はよく動きますか?

どのように動かすの?そもそも動くの?と感じる人もいるかもしれませんね。
前傾にしたり後傾にしたりしますが、どちらかに傾きすぎても腰への負担があります。

Photo

どちらにもやわらかく動かすことができれば、骨盤周りの血流もよくなり、上半身と下半身の血の流れもよくなります。
そして、股関節や腰骨盤周りの筋肉もほぐされます。

特に固まりやすいお尻の筋肉は、腰痛の原因になったり、坐骨神経痛になったり、色々な不調の原因になりますし、骨盤の動きが悪くどちらかに傾いている場合は、そもそも姿勢が悪くなります。

良い姿勢 = 前傾姿勢だと思われてる方も多いと思います。
実際、私もそのように長年勘違いしていました。
そして、腰痛もありました。

ピラティスで骨盤周りをよく動かし、ストレッチをし、正しい姿勢をつくる練習をしていきます。

あてはまるな!!と思われる方、骨盤どう動かすの?腰痛あるわ!などなど感じられた方は、是非お越しください。

東大阪、奈良登美ケ丘、生駒でやっております。
くわしくはメールか電話でお問い合わせください。

080-8306-6761(ヤマモト)
(メール)raku-body@nifty.com

より以前の記事一覧