無料ブログはココログ

バナー

« 2014年4月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

介護予防のためにも!

運動指導の講習会へ行ってきましたear
そこで、とあるお医者さまが予防医学についてお話されていました。

今まで、予防医学というものを医者側は積極的に行ってこなかった。
というのは、予防医学というものが進んでしまうと、患者が減り収入が減ってしまうからcoldsweats02
しかし、医療費はどんどん高くなり、高齢者も増え、そうも言ってられなくなってきた。

そうsign01そこでやっぱりピラティスだなrockって改めて思いました。
最近はお医者さんに勧められて来られる方もいらっしゃいます。
寝たきりになる前に、病院通いが増える前に、今からでも遅くないsign03

そして、今日はお客さまから
「今までどれだけ病院で治療費を支払ってきたんだろう!?
でも、昨年からピラティスを始めて、去年は病院へ3回。
そして、今年は一度も病院へ行ってないsign03」とのこと

これってすごくないですか??
出来たら、病院行きたくないですよね。
お話を聞いて、そのお手伝いをできてることがとっても嬉しく思いました。

これからは、もっともっと予防医学が進歩していくでしょうね。

ご興味持たれた方は、ぜひ始めてみませんか?happy01

みなさんの歩き方はどんなですか?

自分の歩き方は完璧sign01
なんて、思っている人は少ないと思います。
O脚が気になるという方が、多いのではないでしょうかsign02

太ももの外側の筋肉が張り、内ももがたるんでくる。
そうすると、骨盤底筋がゆるみ、くしゃみなどちょっとしたことで
尿が漏れたりなんて気になったことはないですか?

今はなくても、近い将来かもsign02

骨盤底筋は、内臓を支えているネット状の筋肉です。
ネットがたるんでくると、内臓もたれ下がってきますよsign03

靴底が外側ばかりすれてなくなるとか、片方だけすれるなどなど
そういう方も多いと思います。

ご自分の歩き方の癖を直しながら、ピラティスを行い
正しい動きを関節や筋肉に伝えていきます。
そして、正しい姿勢で歩き、美しく見えるnote
不調も改善していき、健康になっていくdiamond

まぁ、ピラティスっていいことだらけ~up

ご興味ある方は、是非体験レッスンにお越しくださいheart04

080-8306-6761
(メール)raku-body@nifty.com へお気軽にどうぞloveletter

ピラティスを生活の一部にしていけるお手伝いをしておりますpaper

« 2014年4月 | トップページ | 2014年7月 »